小さなアットホームな学校
勉強をされたい方に、お勧めの
語学学校を2校ご紹介いたします。
人数、国籍等本日届いた最新の情報です。

w1


SACE Great Barrier Reef Whitsundays

生徒数 25名
国籍 ブラジル17% スイス10% 日本8% 中国8%
クラス 3クラス(初中級、中級、中上級)
クラスの平均人数 8名

グレートバリアリーフの中心部
ウィットサンデー諸島の玄関口である海辺の街
「アーリービーチ」に唯一ある語学学校です。
1年を通してマリンスポーツを楽しむことができ、
観光地としても有名ですので、カフェ、レストラン、
ホテルなど観光系のお仕事も見つかりやすいエリアです。

日本からウィットサンデーまでの直行便はありませんが、
10週以上勉強をされる方は、ブリスベンもしくはシドニーから
ウィットサンデーまでの片道チケットを学校がプレゼントしてくれます。
また、2週間分の授業料が無料となり、仕事探しのサポートも
無料で行ってくれますので、費用を抑えて、日本人の方が
少ないエリアで、オーストラリアンライフを楽しみたい方にお勧めです。

【おすすめプラン】通学12週、学生寮滞在12週、お仕事探しサポート付、
           ブリスベンからの片道チケット及びウィットサンデー空港から
           寮までの送迎付き

           費用合計 6,399ドル(約62万円) 
           ※シドニー語学学校の場合平均 8,000ドル前後(約80万円)          


ポイント! 2週間分の授業料が無料、学生寮1週間分が無料、
       仕事探しサポート付、ブリスベンからの片道チケット付、
       学生寮は学校から徒歩10分のため交通費不要
       ホスピタリティー系のお仕事が多いエリア
       都市部より費用を抑えて滞在ができる

      

h4


SACE Hobart

生徒数 25名
国籍 タイ27% 日本11% スペイン8% 中国5%
クラス 3クラス(初中級、中級、中上級)
クラスの平均人数 8名

オーストラリアで生活費が最もリーズナブルなタスマニアの
州都「ホバート」にある語学学校です。
自然が多いタスマニアでは、ボランティアワークが充実している他、
ファーム先も多く、セカンドワーキングホリデービザにつなげたい方に
お勧めです。

日本からタスマニアまでの直行便はありませんが、
10週以上勉強をされる方は、メルボルンもしくはシドニーから
タスマニアまでの片道チケットを学校がプレゼントしてくれます。
また、2週間分の授業料が無料となり、なるべく費用を抑えて、
渡航されたい方、滞在されたい方、オーストラリアの自然を
楽しみたい方にお勧めです。

【おすすめプラン】英語+フルーツピッキングプラン
           (12月〜2月 ブルーベリー、3月〜5月 チェリー、リンゴ
            11月〜4月はサーモンの加工のお仕事もあります)    
           通学12週、ホームステイ滞在12週、ピッキング先手配、
           メルボルンもしくはシドニーからの片道チケット及び
           ウィットサンデー空港からホームステイ先までの送迎付き
           ※事前の無料英語力チェックテストによって
            通学期間が異なる場合もあります。

           費用合計 7,209ドル(約70万円) 
                   

ポイント! 2週間分の授業料が無料
       メルボルンもしくはシドニーからの片道チケット付、
       学校が契約しているファーム先のため、安心して働くことができる
       ピッキングの時給は21ドルからスタート
       都市部より費用を抑えて滞在ができる
       セカンドワーキングホリデービザの申請ができる

ピッキングは、12〜5月がメインになりますので、
その時期にお仕事ができるよう、3か月通学をされるのであれば、
10月、11月ごろの渡航をお勧めいたします。


詳細はオーシャンズまでお問い合わせください。