06  QF写真

2015年は、日本からオーストラリアに向けた新路線が次々と就航することになります。

【カンタス航空】
\田発−ブリスベン直行便
成田−ブリスヘ゛ン間の直行便(週4便)を8月上旬から就航することに決定いたしました。
羽田発−シドニー直行便
羽田−シドニー間の直行便を週7便(デイリー)で、8月上旬から就航いたします。

【全日空】
全日空も2015年初めに日豪経済連携協定(EPA)が発効し、ビジネス客の需要が増加する見通しとなったことから、2015年中に羽田―シドニー線の就航するようです。
全日空は1999年にシドニー線を運休してからは、オーストラリア路線から撤退していたので、こちらも楽しみなニュースです。

ブリスベン線が復活することによって渡航がしやすくなる場所が増えそうですし、
羽田発の便は、ビジネスで渡航する方には活用しやすくなりそうです。
いずれにしても、オーストラリアへの渡航者数が増えて行きそうな傾向です。