201103301821000

今月上旬発売のプレジデントは、英語と就職についての特集記事です。
昇進、昇格、就職、新卒、転職、中途採用、資格手当、年収、そして
留学経験などについて、色々な企業がどのように考えているかが特集されています。

有名なところでは、ユニクロや楽天が社内公用語を英語にしておりますが、英語を
重視している企業は、就活時、転職時にTOEIC730点以上あると、プラス評価を
してもらえるようです。

特に留学経験は、大企業でも留学経験を評価する会社が39.9%、今後評価して行くという回答を含めると50.6%の企業が評価をしてくれると回答しております。

これからの就職活動では、どんなところでも進んで飛び込んでいく勇気と、誰とでも仲良くなれるコミュニケーション力が問われるようです。
今後は日本企業も国内にとどまらず、海外に販売網や取引先を広げるグローバル企業になって行かないと厳しいようですので、まさに留学経験がある語学力+バイタリティーのある人材が必要なのではないでしょうか!
オーシャンズでは、そんな方を応援してます。 がんばろう日本!