蒸し暑い日が続く東京です

 さて、今日は昨日カナダのモントリオールから
 帰国されたYukariさんが帰国報告にきてくださいました!
 その時のお聞きしたお話を皆さんにご紹介いたします。

 Yukariさんは、今年4月から2カ月間、
 モントリオールの語学学校に通学をされていました。

 モントリオールの街
 モントリオールは、英語とフランス語が使われており、
 建物はヨーロッパ調で「北米のパリ」と言われています。
 日本人留学生もほとんどいませんので、
 集中して英語(もしくはフランス語)を勉強されたい方には
 お勧めの地域です。

 Yukariさんが通学されていた学校は
 徹底した少人数制の学校だったことと
 渡航の時期がちょうど生徒さんの数が
 少なくなる時期だったので、
 ほとんどプライベートレッスンのような形で
 2カ月間勉強をされていました!

 カリキュラムがしっかりしており、
 文法だけでなく、You Tubeを使っての聞き取りや
 環境問題等のTOPICを取り扱ったり、
 週末は英作文を作ったりと幅広く、バランス良く
 英語の勉強をみっちりされてきました。
 宿題が多く、最初のころは5時間ぐらい!?
 かかったそうです。
 でもその甲斐あって、短期間の留学でも
 英語力の伸びを実感して頂けました。

 また、モントリオールにある学校は、
 どこも英語、フランス語両方勉強できるので、
 Yukariさんも最後の1週間はフランス語を
 受講されたそうです。
 
 毎週金曜日の午後はアクティビティーで
 学校のスタッフや他の生徒さんと一緒に
 美術館に行ったり、レストランに行ったり
 (モントリオールにはいろいろな各国料理の
 お店があります。)
 バンクーバーオリンピックの凱旋パレード!
 (タイムリーです!ラッキーですね。)
 を見たりしたそうです。
 
 ホームステイ先は、
 学校から40分ほど離れたところだったそう。
 ホストファミリー宅は、
 1階と地下、上は別のファミリーが住んでいたそうですが
 とっても仲良しのご近所さんで、
 Yukariさんも一緒に、ご近所さんと
 飲みに行ったり、ホッケーを観に行ったりされたそうです。

 10歳と14歳の息子さんがいらっしゃったので、
 ユニクロのドラゴンボールTシャツをお土産に持っていかれた
 そうなのですが、10歳の子が大感激して、
 Tシャツなのに、着ないでずっと飾っていたそうです。
 現地では、ドラゴンボールとNARUTO(カナダで放送されているそう)
 が人気あるようです。

 不便だったことは、
 電車の時刻表がないことと
 古い電車がとまってしまうことだったそう。
 とまった理由はフランス語で説明されるので
 理解できないこともあったそうです。
 
 逆に良かったところは、
 皆がとっても楽しそうに毎日を過ごしていること!
 そして、街並みがきれいで、
 コンパクトだからまわるのも簡単なこと!だそうです。

 4月から渡航されましたが、
 そのころはまだまだ寒く、ホッカイロは
 本当に役に立ったそうです。
 5月は急に日差しが強くなり
 (実際にYukariさんかなり日焼けされていました!)
 皆薄着を着ているので、体感温度が寒くても
 冬物の服を着るのは気が引けたそうです。

 これから渡航される方へは、
 エコバックを日本から持っていかれることを
 お勧めされました。
 現地では、レジ袋は有料で、エコバックも素材が
 あまりよくなく、重いものを入れると伸びてしまいます。
 今後渡航される方、是非ご参考になさってください。

 2カ月の留学でしたが、
 確かな手ごたえを感じて帰国されたYukariさん。
 すっきりと晴れ晴れしいお顔でした。
 いろんな方と触れ合い、いろいろな話をし、
 たくさんのことが吸収できて、考え方も変わったそうです。
 視野が広かったことが、帰国後のお顔にも
 反映されたのかもしれませんね。
 
 たくさん美しい街並みと学校の様子の写真をみせて
 いただきました。
 今体験談の執筆をお願い中ですので、
 その際写真もご紹介いたしますね。

 Yukariさん、ありがとうございました!